美容院に通うペースはどれくらいがベスト?

どれくらいのペースで美容院に通うのがベストなのか?綺麗な髪を保つ秘訣とは? - コテやアイロンが髪に与えるダメージはどのくらい?

美容院情報サイト

アーカイブ

コテやアイロンが髪に与えるダメージはどのくらい?

 ヘアアイロンなどを頻繁に使う人は、髪へのダメージが気になっているかもしれません。コテやアイロンは髪にどのようなダメージを与え、またどうしたらダメージは防げるのでしょう。

アイロンが髪に与えるダメージ

 コテやアイロンは、かなり高温になったものを髪に押し当てて使用します。髪の成分はほとんどがタンパク質です。タンパク質は熱を受けると固くなったり、変質したりします。コテやアイロンを長時間または頻繁に髪に充てると、髪の毛が変形したり、髪の中に小さな空洞ができたりします。そこから切れ毛や枝毛になります。
髪が傷んだ状態でいると、傷んだ部分から栄養分も抜けていくので、さらに傷みやすくなってしまい、手触りや見た目もどんどん悪くなってしまいます。
 熱で傷むという点から、コテやアイロンだけでなく、ドライヤーも間違った使い方をすると髪を傷めてしまうことが分かります。

どうすればダメージを軽減できる?

 コテやアイロンは、髪が完全に乾いた状態で使用してください。濡れた状態の方が、形がつくりやすいと考える人もいるようですが、髪の水分が一気に蒸発し、髪の中で沸騰する状態になります。深刻なダメージになりますので、シャワーを浴びた後や、ミストや霧吹きスプレーなどを使用した後には必ず乾かしてから、使用してください。アイロン用のスタイリング剤を使った後も同様です。髪は完全に乾いた状態にしてください。
 質の悪いコテやアイロンは髪を傷めます。熱の伝わり方にムラがあったり、長時間あてる必要があったりするので、余計に髪はダメージを受けます。

使う限り絶対にダメージは受ける

 ダメージは軽減できても、なくすことはできません。髪を休ませる日をつくるようにしましょう。

関連する記事

Copyright(C)2016美容院に通うペースはどれくらいがベスト?All Rights Reserved.